ピラミッド法なら少額でも稼げる!勝率5割でもプラスになる秘密を公開

ピラミッド法なら勝率5割でもプラスに! オンラインカジノ

カジノをギャンブルと考えるのではなく、堅実に資金を増やしていく投資スタイルの賭け方をするカジノ攻略法がピラミッド法です。

勝つときに多く賭け、負けるときに小さく賭けるというのがピラミッド法のスタンスで、長期的に考えると損をすることはまずありえない賭け方でもあります。

ただ世の中には100%完璧なカジノ攻略法というものはなく、ピラミッド法もメリットだけではなくデメリットもあり、利用するにあたっては注意しなくては行けない点がいくつかあります。

そこでここではピラミッド法を使った賭け方について、初心者でも分かるように徹底解説していきます。

このページでわかること

  • ピラミッド法は勝率50%・2倍配当のゲームで使える
  • 「勝ち負け」1セットで1ドルの利益を得る攻略法
  • 長期戦を覚悟して利用する必要がある

ピラミッド法は勝率が50%で2倍配当となるルーレットやバカラ、ブラックジャックなどで使えるカジノ攻略法です。

ゲームに勝つことで損失を取り戻したり、利益を出したりするのではなく、勝ったり負けたりを繰り返し、「勝ち負け」1セットにつき1ドルの利益を得る攻略法になります。

どれだけ損失が出ても継続していれば必ずプラスに転じますが、プラスになるまでに数日かかることもあり、長期戦前提でプレイする必要があります

プレイ時間がとても重要なので、ランドカジノよりもオンラインカジノで力を発揮します。

じっくり勝ちを狙う。「ピラミッド法」の特徴とは

「ピラミッド法」の特徴じっくり勝ちを狙う。 ピラミッド法はカジノ攻略法の中でも堅実な賭け方で、一攫千金を狙うことはできませんがプレイ時間が長くなればなるほど利益が増えていくため、ギャンブル初心者からベテランまで幅広い層が利用している賭け方でもあります。

考え方はとても簡単で、勝ったときに大きく賭けて、負けたときに小さく賭けます。

ただし、勝ち負けを予想できるわけではないので「勝った次のゲームで賭金を減らし、負けた次のゲームで賭金を増やす」というルールに従って賭けていきます。

このように賭けることで「勝ち・負け」1セットで、1ドル(1単位)の利益が発生するようになっています。

これを勝率50%・2倍配当のゲームで使えば、勝ち負けはいずれ50%に収束するので、ゲームが進めば進むほど安定して利益を得られるというわけです。

ピラミッド法の賭け方を解説。実は超簡単!

実は超簡単!ピラミッド法の賭け方を解説必ず利益が発生すると聞くと、ギャンブル好きの人からすれば信じられないかもしれません。

ですので、ここでは実際のピラミッド法のやり方をご紹介しつつ、なぜ「必ず」利益を出せるのかを説明していきます。

ピラミッド法では最初にまとまった金額を賭けて、勝ったら次のゲームの賭金を-1ドル、負けたら賭金を+1ドルしていきます。

最終的に賭金が0になったらリセットして、最初からやり直します。

賭金 結果 収益
1 $10 -$10
2 $11 -$21
3 $12 -$9
4 $11 $2
5 $10 -$8
6 $11 $3
7 $10 $13
8 $9 $4
9 $10 $14
10 $9 $5

ここまで5勝5敗という結果になっていますが、勝ち負けが同数で連勝や連敗もあるのに、きちんと収益がプラスになっているのが分かってもらえるかと思います。

  • 勝ったときに賭金を下げる→次に負けるときの賭金が少ない
  • 負けたときに賭金を上げる→次に勝ったときの賭金が多い

ピラミッド法のポイントになるのがこの考え方で、勝ち負けが同数になると必ず「勝ち・負け」1セットで1ドルの利益が発生します。

他のカジノ攻略法では勝つことで損失を回収しつつ収益を得るという考え方が基本ですが、ピラミッド法は「勝ち負けを繰り返す」ことで収益を積み重ねる攻略法になります。

ダランベール法との違い

同じような賭け方をするカジノ攻略法にダランベール法がありますが、これら2つのカジノ攻略法に違いはありません。

「ピラミッド法=ダランベール法」で、呼び方が違うだけのこと。

それぞれの賭け方を覚える必要はありません。

ピラミッド法のメリットは利益を積み重ねられること

ここまでの説明でピラミッド法が、とてもメリットがある賭け方であることが分かってもらえたかと思います。

そこでここでは、もう少し具体的にそのメリットについて解説していきます。

利益をコツコツ積み重ねていける

ピラミッド法のメリット1利益をコツコツ積み重ねていけるカジノ攻略法にはいくつもの種類がありますが、いずれも最終的に「勝つ」ことを目的としています。

大きく負けていても、最後に勝つことで利益を確保するわけですが、ピラミッド法は根本的な考え方が違います。

ピラミッド法は「勝率が50%なら、どう賭けても勝ち負けが繰り返される」という考えに則っており、勝ち負けを繰り返すことで利益を積み重ねます。

自然の摂理に従っているだけですので、無理することもなく利益がコツコツ増えていくのです。

一攫千金の喜びはありませんが、継続さえすれば必ず利益がでる。

負けたくない、資金を失いたくない人にとって、これほど魅力的なメリットはありません。

負けが多くても利益を出せる

ピラミッド法のメリット、負けが多くても利益を出せるピラミッド法は「勝ち負け」1セットで1ドルの利益が出ますので、10セット行うと10ドルの利益を得られます。

実際にそうなるか見ていきましょう。

賭金 結果 収益
1 $10 $10
2 $9 $1
3 $10 $11
4 $9 $2
5 $10 $12
6 $9 $21
7 $8 $13
8 $9 $4
9 $10 -$6
10 $11 $5
11 $10 $15
12 $9 $24
13 $8 $16
14 $9 $7
15 $10 $17
16 $9 $8
17 $10 $18
18 $9 $27
19 $8 $19
20 $9 $10

10勝10敗なのに収益は10ドルプラスになっています。

これを積み重ねていくと100勝100敗なら100ドルのプラスになります。

その状態で次に負けて100勝101敗になっても、収益は90ドルプラスで、さらに負け100勝102敗になっても79ドルプラスになります。

このように負け越していても利益がでるのが、ピラミッド法のメリットになります。

ピラミッド法は勝率が50%のゲームで使えるとお伝えしましたが、カジノにはハウスエッジ(カジノ側の取り分)があるので勝率が50%のゲームというのはありません。

ピラミッド法で負け越してもプラスにできるというのは、ハウスエッジを考慮しても利益を出せることを意味します。

必ず勝たなくてはいけないというプレッシャーもなく、負けても大丈夫だという安心感もピラミッド法を利用するメリットのひとつとなります。

ピラミッド法のデメリットはワクワク感がないこと

確実に利益を出せるピラミッド法ですが、残念ながらメリットだけでなくデメリットもあります。

どのようなデメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

勝ち負けが交互に続くと利益が小さく退屈

ピラミッド法のデメリット1勝ち負けが交互に続くと退屈勝ち負けセットにして利益を出すカジノ攻略法ですので仕方のないことですが、1回の利益が小さくてハウスエッジまで考えると、ピラミッド法は時給換算で500〜600円程度にしかならないという試算があるくらい小さな利益にしかなりません

もちろん最初の賭金と賭金の増減を増やせば利益を大きくできますが、ピラミッド法はギャンブルというよりは単純作業なので、まったく面白みがありません。

このため、カジノのドキドキ感を楽しみたいという人には向いていないというデメリットがあります。

確実に利益を出したいなら長期戦になる

ピラミッド法のデメリット2確実に利益を出したいなら長期戦になるピラミッド法は1回の利益が小さく、確実に利益を積み重ねたいならどうしても長期戦覚悟でテーブルにつく必要があります

ちょっとした空き時間にカジノを楽しみたいという場合には、マイナスの状態で終わらせなくてはいけないこともあって、おすすめできないカジノ攻略法になります。

その長期というのも1日や2日というのではなく、年単位で考えるくらいの長期戦になることもありますので、観光で行くランドカジノでのプレイには向いていません。

ピラミッド法で着実に利益を出したいなら、オンラインカジノで毎日プレイし続ける必要があります。

損失が大きくなると回収しきれなくなる

ピラミッド法のデメリット、損失が大きくなると回収しきれなくなる勝率が50%のゲームであっても、運が悪いと20連敗するようなことがあります。

負ければ負けるほど賭金が増えていきますので、このように連敗が続くと資金が足りなくなってしまうことがあります。

いずれ連勝して取り戻せるとしても資金がないことにはどうにもなりません。

他のカジノ攻略法ほどは資金がなくてもいいのですが、少なくとも最初の賭金の30倍の資金は用意しましょう。

10ドルスタートなら300ドル用意してください。

ただしそれであっても損失が膨れ上がると、回収するのに何日かかるのかわかりません。

ただでさえ面白みのない賭け方なのに、回収するためだけに賭けるというのは、思った以上に精神的ストレスになります。

ピラミッド法にはそのようなデメリットもあることを覚えておき、そのような状況になったら、上手く息抜きをしながらストレスを溜めないように心掛けましょう。

ピラミッド法を活用するコツと注意点

デメリットのあるピラミッド法ですが、やはり確実に利益が出るというのは大きな魅力ですよね。

ただ、何も考えずに賭けてしまうと大失敗することもありますので、ここではピラミッド法を活用するコツと注意点をご紹介していきます。

長時間ゲームを楽しみたいときに利用する

活用するコツと注意点1長時間楽しみたいときに利用するまずは何といっても、長い時間を確保することです。

1〜2時間程度のプレイですと勝ち負けの波が悪いときには、簡単に資金がマイナスになります。

マイナスになっても時間と資金に余裕があり継続できれば、必ずどこかでプラスに転じます。

ところが他の用事が入っていて、カジノにいられないような場合にはマイナスのまま終わってしまいます。

それも高確率でこれが起きてしまうのが、ピラミッド法のこわいところです。

丸1日カジノにいられる日や、2〜3日かけてカジノで遊ぶときにピラミッド法を使いましょう。

賭金がゼロになったら気持ちをリセットする

貯金がゼロになったら気持ちをリセット!いい流れに乗ると賭金がゼロになることがあります。

このときかなりのプラス収益になっているはずですので、ついつい流れを活かして連続で賭けたくなりますが、賭金がゼロになってサイクルが終わったらゲームも気持ちも1度リセットしましょう

賭金がゼロになる状態はゲームの連続性を考えたときには、あまり良いことではありません。

勝ったときに賭金を減らすのがこの賭け方のポイントなのに、勝って賭金が0になりサイクルが終わったら、次は賭金が大幅に増すことになります。

そのタイミングで連敗をすると、トータルの収益がマイナスになってしまいます。

それを避けるために、賭金が0になったら、流れを1度断ち切るために食事に出掛けたり、その日は切り上げたりして完全にリセットしてから次のサイクルに入りましょう。

早めの損切りを心掛ける

ピラミッド法を活用するコツと注意点、早めの損切りを心掛けるオンラインカジノでピラミッド法を使い時間をかけて稼いでいく場合には、損切りをする必要はありませんが、1日や2日といった限られた時間でピラミッド法を使うのであれば、いかに勝ち逃げするかを考えてください。

資金がプラスになったりマイナスになったりと波がでてくるので、プラスになった時点で勝ち逃げするのが最適な使い方になります。

もし最初に3連勝したら、もうそこでやめてしまうのがおすすめです。

最初にマイナスになったら、プラスに転じるまで粘り、プラスになったタイミングで勝ち逃げします。

ただ、連敗すると1日ではリカバリーできないくらいマイナスになることもあります。

そうなる前に損切りするようにしましょう。

損切りラインはどこに設定しても構いません。

ただ、1度決めた損切りラインは絶対に守ってください

自分の資金から「◯ドルまで減ったら終了」と決めておき、他のカジノ攻略法に変更するかその日の損失を受け入れて終了しましょう。

それで大損することは避けられます。

まとめ:ピラミッド法はリスク管理しやすく長期戦に最適

ピラミッド法はダランベール法とも呼ばれる、ローリスクローリターンのカジノ攻略法です。

理論的には確実に利益を生み出すことができ、まとまった資金があればテーブルリミットや資金不足で破綻するということもなく、コツコツと利益を積み重ねることができます。

賭け方はとてもシンプルで、最初に10ドルくらいのまとまった金額を賭けておき、勝ったら次のゲームで賭金をマイナス1ドル、負けたら次のゲームで賭金をプラス1ドルにするだけです。

2倍配当のゲームで使えば、「勝ち・負け」1セットにつき1ドルの利益となります。

このように確実に利益がでるカジノ攻略法ではあるものの、短期で考えたときには負けが多くなることもあり、そのときにはプラスに転じるまで賭け続けるしかありません。

それが1日ではプラスにならないこともあり、長期化しやすいといったデメリットもあります。

それでも最初から長期戦を意識していれば、損をしないというのはとても魅力的な賭け方になります。

ギャンブル的な要素が少なく退屈な賭け方ではありますが、絶対に負けたくない人や時間をかけてカジノで遊べるという人はマスターしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました