モンテカルロ法でカジノ崩壊!?最強の攻略法を使いこなすコツとは?

モンテカルロ法はカジノを崩壊させた!? オンラインカジノ

絶対に負けられない勝負をカジノでするときに、まず考えなくてはいけないのが資金を守ることです。

この資金を守ることに特化した攻略法のひとつが「モンテカルロ法」なのですが、効果的な賭け方ではあるものの、実際にランドカジノで使っている人はあまりいません。

なぜランドカジノで人気がないのか気になりますよね。

そこでここではモンテカルロ法を使ったカジノの遊び方やメリット・デメリットなどの特徴を詳しくご紹介しつつ、モンテカルロ法で上手に稼ぐためのポイントをわかりやすく解説していきます。

このページでわかること

  • 数列を使用するのでメモが必須
  • オンライカジノのルーレットで使用する
  • 傷口を広げないための損切りをする

モンテカルロ法は資金を守るための賭け方で、他の攻略法と比べて資金を失いにくく、長時間かけてゆっくりと稼ぐタイプの攻略法になります。

賭ける金額を数列から導き出し、勝敗によって数列が変わっていくので、使うときにはメモが必須になります。

とても強力な攻略法ですが、ランドカジノではメモを取るのが禁止されており、なおかつ3倍配当のゲームで使う攻略法ですので、実質的にオンライカジノのルーレットでしか利用できません

また連敗が続いたり、連続して勝ちが続かなかったりすると長期戦になり、気がつけば資金が不足してしまうといったデメリットもあります。

そうなるとゲームを続けることができませんので、傷口を広げないために、必ず損切りラインを設定しておく必要があります。

モンテカルロ法とは?防御力の高いカジノ攻略法

モンテカルロ法は「負けないこと」を最大の目的としたカジノ攻略法で、数列を使って決められた手順通りにベットする賭け方になります。

数列を使う必要があるので、慣れるまではメモを取りながら進める必要があるため、初心者がランドカジノで使えない攻略法でもあります。

負けないことを重視しているので、損失が出たときにきちんと回収はできるものの、利益がそれほど大きくなりません。

このため資金を何倍にもする一攫千金には向いていませんが、長期戦でじっくりと時間をかけて稼ぎたいという人に適しています

【メモ必須】モンテカルロ法の使い方を分かりやすく解説!

防御力の高いカジノ攻略法、モンテカルロ法の使い方を解説!モンテカルロ法は3倍配当のカジノゲームで利用します。

カジノで3倍配当になるメジャーなゲームはルーレットくらいですので、ルーレットの「ダズンベット」もしくは「カラムベット」に特化した攻略法だと考えてください。

賭け方はそれほど難しくなく、一定の法則で作成した数列の両端の数字を賭金として勝負するだけです。

賭金の決め方のルールは下記のようになります。

  • 最初に「1,2,3」の数列をメモに書く
  • 数列の両端の合計を賭金とする
  • 負けたら数列の右端にベットした金額の数字を記入
  • 勝ったら数列の両端の数字を2つずつ消す
  • 数列が1つになるか、全部消えたらリセットして数列「1,2,3」から始める

少しわかりづらいかもしれませんので、具体的な賭け方の手順を見ていきましょう。

  1. 数列「1,2,3」の両端を足した4ドルベット→負け
  2. 数列の右端に「4」を足す→数列「1,2,3,4」
  3. 数列「1,2,3,4」の両端を足した5ドルベット→負け
  4. 数列の右端に「5」を足す→数列「1,2,3,4,5」
  5. 数列「1,2,3,4,5」の両端を足した6ドルベット→負け
  6. 数列の右端に「6」を足す→数列「1,2,3,4,5,6」
  7. 数列「1,2,3,4,5,6」の両端を足した7ドルベット→負け
  8. 数列の右端に「7」を足す→数列「1,2,3,4,5,6,7」
  9. 数列「1,2,3,4,5,6,7」の両端を足した7ドルベット→勝ち
  10. 数列の両端2つずつの数字を消す→数列「1,2,3,4,5,6,7
  11. 数列「3,4,5」の両端を足した8ドルベット→勝ち
  12. 数列の両端2つずつの数字を消す→数列がすべて消えたので最初に戻る

慣れてくると数列を頭で描けるようになりますが、最初は混乱することになるので、慣れるまでは数列をメモに書きながら進めましょう

モンテカルロ法は本当に勝てる攻略法?シミュレーションした結果…

モンテカルロ法は本当に勝てる攻略法?シミュレーションした結果…賭け方は分かったけど、本当にこれで勝てるの?と疑問に感じるかと思います。

そこで、実際に賭けてみたときに収益がどうなるのかをシミュレーションしてみましょう。

4連敗後に2連勝したケース

このケースでは4連敗してから2連勝したケースをシミュレーションしています。

ゲーム数 数列 賭金 勝敗 増減 損益
1 1,2,3 $4 $0 -$4
2 1,2,3,4 $5 $0 -$9
3 1,2,3,4,5 $6 $0 -$15
4 1,2,3,4,5,6 $7 $0 -$22
5 1,2,3,4,5,6,7 $8 $16 -$6
6 3,4,5 $8 $16 $10

勝率は2勝4敗で負けのほうが多いのに、最終損益は10ドルのプラスになっています。

負け続けていると焦りますが、最後に2連勝できるとこのように損益はプラスになります

勝ち負けが続いて資金が不足したケース

このケースでは資金を100ドルとして、モンテカルロ法で勝負しています。

ゲーム数 数列 賭金 勝敗 損益 残金
1 1,2,3 $4 -$4 $96
2 1,2,3,4 $5 -$9 $91
3 1,2,3,4,5 $6 -$15 $85
4 1,2,3,4,5,6 $7 -$22 $78
5 1,2,3,4,5,6,7 $8 -$6 $94
6 3,4,5 $8 -$14 $86
7 3,4,5,8 $11 -$25 $75
8 3,4,5,8,11 $14 -$39 $61
9 3,4,5,8,11,14 $17 -$56 $44
10 3,4,5,8,11,14,17 $20 -$16 $84
11 5,8,11 $16 -$32 $68
12 5,8,11,16 $21 -$53 $47
13 5,8,11,16,21 $26 -$79 $21
14 5,8,11,16,21,26 $31

13ゲーム目で負けたときに損失が79ドルにもなっており、次のゲームでは31ドル賭けないといけないのに、手持ちには21ドルしかありません。

このようにいつまで経っても数列を消せないでいると損益のマイナスと賭金が大きくなっていき、手持ち資金が不足してモンテカルロ法でも負けてしまうこともあります。

モンテカルロ法のメリット:焦らず長時間楽しめる

ここまでの説明を踏まえて、モンテカルロ法にどのようなメリットがあるのか詳しく見ていきましょう。

マーチンゲール法よりも賭金の増え方が緩やか

マーチンゲール法よりも賭金の増え方が緩やかモンテカルロ法は負けたときに1回で取り戻すのではなく、何回かに分けてじっくりと取り戻すので、マーチンゲール法のように賭金がどんどん膨れ上がることがありません。

例えばマーチンゲール法で9連敗したときの10ゲーム目の賭金は512ドルですが、モンテカルロ法だと13ドルにしかなりません。

回数 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
マーチンゲール法 $1 $2 $4 $8 $16 $32 $64 $128 $256 $512
モンテカルロ法 $4 $5 $6 $7 $8 $9 $10 $11 $12 $13

負け続けてもゆっくりと資金が減っていくので、焦ることもなく長時間カジノを楽しむことができます。

ただし、シミュレーションで示した通り、勝ち負けが続いて1サイクルが長期戦になると資金不足になる可能性があるということも頭に入れておきましょう。

勝率が低くても稼ぐことができる

モンテカルロ法のメリット:勝率が低くても稼ぐことができるモンテカルロ法は3倍配当のゲームで使うので、当てたときの配当が大きくなります

それもゲームが長引くほど1サイクルが終わったときの利益が大きくなる仕組みです。

最初のシミュレーションでもわかりますように、勝率が低くてもしっかり利益がでるのがメリットになります。

カジノでは勝ち数が負け数を上回らないと稼げないようなイメージがあるかもしれませんが、モンテカルロ法なら負けが続いても資金不足にならない限り、最終的に少ない勝ちで稼ぐことができるので、連敗してもプレッシャーがそれほど大きくありません

テーブルリミットに達しにくい

モンテカルロ法のメリット:テーブルリミットに達しにくい負けたときにベットが増えるタイプのカジノ攻略法を使うときに、よく問題になるのが「賭金がテーブルリミットを超えてしまい破綻する」ということです。

すでにお伝えしましたようにモンテカルロ法は賭金の増え方が緩やかなので、テーブルリミットを超えることがほとんどありません

このため資金が十分にある場合には、最初の賭金を4ドルではなく40ドルにして、10倍の利益を目指すということもできます。

最初のシミュレーションで40ドルスタートすると、なんと4連敗後の2連勝で100ドルを手にすることができます。

このような賭け方が可能なのもテーブルリミットに達しにくいという特徴があるためです。

モンテカルロ法のデメリット:長期戦には向いていない

とてもメリットの多いモンテカルロ法ですが、残念ながら完璧な賭け方ではなく、いくつかのデメリットもあります。

どのようなデメリットがあるのか、こちらも詳しく見ていきましょう。

ランドカジノでは使いにくい

モンテカルロ法のデメリット:ランドカジノでは使いにくいモンテカルロ法は慣れるまでメモが必須です。

慣れていても長期戦になると数列を思い出せなくなるので、メモが禁止されているランドカジノでは使うことができません。

そうなるとオンライカジノでしか使えない攻略法ということになります。

それも3倍配当が前提ですので、実質的にルーレットでしか利用できず汎用性がありません

せっかく覚えたのに他のゲームで利用できないのはもったいないですよね。

この汎用性のなさが、モンテカルロ法最大のデメリットになります。

長期戦になると効率が悪くなる

モンテカルロ法のデメリット:長期戦になると効率が悪くなるシミュレーションからもわかりますように、勝ち負けが続くと、モンテカルロ法ではなかなか1サイクルが終わりません。

1サイクルを終わらせるのに20〜30ゲームかかることも珍しくなく、そうなると効率よく稼ぐことができなくなります

1サイクルの配当は大きいものの、テンポよく勝ち負けが決まるゲームと比べると、資金の増え方はとても緩やかです。

資金を守るためのカジノ攻略法ですので、資金をどんどん増やせないのはわかっていることですが、実際にプレイしてみるともどかしさを感じて、ゲームに飽きてしまいやすいといったデメリットがあります。

流れが悪いと損が大きくなる

モンテカルロ法のデメリット:流れが悪いと損が大きくなるモンテカルロ法は流れがいいときに使うと、気持ちよく資金を増やせます。

ただ、連敗を繰り返して、いつまでも1サイクルを終わらせないでいると、賭金や累積のマイナス収支がどんどんと膨れ上がっていきます。

数列が消えるまで資金が耐えられるなら問題ありませんが、逆に資金が大きければ大きいほど、資金不足になったときの損が大きくなります。

賭け方が裏目に出やすい日や、どうしても勝てない日には別の攻略法を使うのがおすすめです。

モンテカルロ法での撤退タイミングの見極め方

モンテカルロ法での撤退タイミングの見極め方モンテカルロ法は数列が消えさえすれば利益を出せますが、その前に資金不足になってしまう可能性があります。

そうなるとカジノでのゲームを続けることができなくなり、失った資金を取り戻すのはほぼ不可能になってしまいます。

そうならないために大事なのが損切りです。

これ以上は続けてはいけないという損切りラインを決めて、そこで撤退することがモンテカルロ法を利用するときに求められます。

モンテカルロ法は撤退のタイミングが難しいのですが、おすすめは「2連勝しても1サイクルが終わらない状態になったら終了する」ことです。

具体的には数列が10個にまで増えた時点で終了します。

資金がどれくらいあるかにもよりますが、これならばまだ傷口が広がりきらないところで踏みとどまれます。

資金もそれなりに残るので、もう1回モンテカルロ法で勝負することもできまし、短時間で資金を回収するために、他の攻略法に乗り換えることも可能です。

大事なのは1度決めた損切りラインを絶対に守ることです。

損切りは心理的ストレスが大きいので、つい先送りしたくなりますが、そうやってカジノから退場した人がたくさんいます。

資金があればまた勝負できますので、決めたところで絶対に撤退するように心掛けてください。

モンテカルロ法で稼ぐ!負けっぱなしにならないためのコツ3選

ここまでの説明でモンテカルロ法の特徴を把握できたかと思います。

実際に試してみたくなった人もいるかもしれませんが、もう少しだけ待ってください。

モンテカルロ法を使うときに頭に入れておいてもらいたいポイントがあるので、まずはそちらをチェックしておきましょう。

長期戦で時間をかけて稼ぐ

負けっぱなしにならないためのコツ、長期戦で時間をかけて稼ぐモンテカルロ法で賭けると決めたときに、必ず頭に入れておかなくてはいけないのが「長期戦で時間をかけて稼ぐ」ということです。

モンテカルロ法で利益が出るのは1サイクルが終わったときです。

ところがモンテカルロ法は1サイクルが長引きやすく、1回の利益は大きくても1時間で稼げる金額には限界があります。

資金を何倍にもするような賭け方でもありませんので、資金の50%くらいまで稼げればOKくらいの気持ちで挑みましょう。

カジノで連日遊ぶのであれば目標は10〜20%程度でも構いません。

資金を減らさずにじっくり小さく稼ぐ。

そういう賭け方をしたいときにだけ利用しましょう。

開始資金を小さく設定する

負けっぱなしにならないためのコツ、開始資金を小さく設定するモンテカルロ法のシミュレーションではスタートを4ドルにしました。

これを40ドルにすれば利益を10倍にできるとお伝えしましたが、ハイリターンを期待して単純に開始額を上げるのはやめておきましょう

開始額を増やすならトータルの資金も増やさなくてはいけません。

資金が100〜300ドルくらいしかないのに、開始額を40ドルにしたら、あっという間に資金不足を起こします。

40ドルで賭けるには1,000〜3,000ドルは用意したいところです。

トータル資金を十分に用意できないのであれば、大人しく4ドルスタートで始めましょう。

オンラインカジノで活用する

負けっぱなしにならないためのコツ、オンラインカジノで活用するモンテカルロ法はメモさえ使わなければ、ランドカジノで使っても注意されることはありません。

それでも記憶力だけの勝負になり、さらにモンテカルロ法は長期戦になりやすいので集中力が切れて、賭金を間違えてしまうことがあります。

そうならないためにも、モンテカルロ法はオンライカジノだけで使うのがおすすめです。

オンライカジノならメモを取っていても、カジノ側にはそれが見えないので利用してもまったく問題ありません。

ランドカジノではメモや記憶力に頼らない攻略法を使い、モンテカルロ法はオンライカジノだけで使いましょう。

まとめ:小さくコツコツ積み重ねられる人におすすめ

モンテカルロ法まとめ:コツコツ積み重ねるのが得意という人にモンテカルロ法は数列を使った賭け方をする攻略法で、負けないことを重視した賭け方になります。

1サイクルで確実に利益を出すことができますが、勝ち負けが続くと1サイクルが長期化しやすく、利益を出すのにかなり長い時間がかかることもあります。

このため、一攫千金狙いで大きく稼ぐのではなく、時間をかけて資金の50%くらいの収益を稼いでいくことになります。

どちらかというと、小さくコツコツ積み重ねるのが得意という人に向いているかけ方になります。

また、勝ち負けによって数列が変化していくので、メモを取りながら進めていく必要があります。

メモを取ることが禁止されているランドカジノでは記憶力を頼りにすることになるため、あまりランドカジノには向いていません。

そのうえ3倍配当のゲームで使う攻略法なので、オンライカジノのルーレットでしか利用できないのがネックです。

長期戦になって勝率が下がると、損失が積み重なって資金が足りなくなることもあります。

そうならないために、損切りラインを決めて撤退することも重要です。

損切りするのは心理的なストレスが大きく避けたいものですが、モンテカルロ法で着実に稼ぎたいなら躊躇なく損切りできるようになりましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました