HOME >  日本北リジョンのクラブ >  SI札幌ノイエ
日本北リジョンのクラブ
Club
札幌ノイエ
SI札幌ノイエは1992年7月1日<スポンサークラブSI札幌>の認証20周年時に認証を受け、 25年目を迎えています。
5周年記念事業として札幌大学のユニセフ・ネットワークのシグマソサエティー認証を行い、 国連への奉仕活動を支援。
チャリティー事業による奉仕先”札幌市緑化推進事業“への6回目は 「札幌concertホール・キタラのオープン記念」で、ホール横にツツジとオンコを植樹しました。
チャーターメンバー藤田道子・秋葉公子会員をはじめとして、毎年、歳入事業とミニバザーを行い、 日本聴導犬協会、日本介助犬協会を継続支援しています。 東北大震災の被害地・陸前高田の産業復興支援も継続したいと考えています。



◇会長 前鼻 百合江 | ◇広報委員長 大塚 榮子 | 


活動報告

2017年2016年2015年2014年2013年2012年
SI札幌ノイエ第25回チャリティーコンサート&バザー
「麗らかな春の午後へのいざない」〜バロックからポピュラーをトークとともに
2017.04.16
バザーでは230名以上のお客様をお迎えして会員との交流を楽しんだ後、 迫力ある岡元敦司さんのテノールから素晴らしいコンサートが始まり、 岡元実和さんのソプラノとの二重奏が中谷友美さんのピアノにのって続きました。 内藤由美子さんのトランペットとの競演もあり、 会場を巻き込んだナポリ民謡の合唱などをお茶と共に楽しみました。
バザーの収益金から一昨年より日本聴導犬協会と日本介助犬協会へ継続支援し、 ビデオによって介助犬の働きを実感しました。陸前高田市復興支援のバザーも6回目となりました。 バザーでは札幌大学ユニセフネットワークの学生も参加し、介助犬協会のグッズも販売しました。