HOME >  日本北リジョンのクラブ >  SI札幌ノイエ
日本北リジョンのクラブ
Club
札幌ノイエ
SI札幌ノイエは1992年7月1日<スポンサークラブSI札幌>の認証20周年時に認証を受け、 25年目を迎えています。
5周年記念事業として札幌大学のユニセフ・ネットワークのシグマソサエティー認証を行い、 国連への奉仕活動を支援。
チャリティー事業による奉仕先”札幌市緑化推進事業“への6回目は 「札幌concertホール・キタラのオープン記念」で、ホール横にツツジとオンコを植樹しました。
チャーターメンバー藤田道子・秋葉公子会員をはじめとして、毎年、歳入事業とミニバザーを行い、 日本聴導犬協会、日本介助犬協会を継続支援しています。 東北大震災の被害地・陸前高田の産業復興支援も継続したいと考えています。



◇会長 前鼻 百合江 | ◇広報委員長 大塚 榮子 | 


活動報告

2018年2017年2016年2015年2014年2013年2012年
第26回チャリティー フラメンコショー
2018.04.29
好天に恵まれ、260名以上の参加で歳入事業を行いました。 スペインで高く評価され、現在は東京や札幌で活躍されている斎藤克己さんらの舞踊団のご協力を得て、 フラメンコショーとレクチャー「情熱のアンダルシア」を楽しみました。
(福)日本聴導犬協会に寄付を行っておりますが。 今回奥嶋千夏様がPR犬「ロート姫」を伴って参加下さいまして、実技の紹介をいただきました。 地元北海道新聞にも掲載されました。継続支援として日本介助犬協会のグッズ販売、 7回目となる陸前高田市復興支援のバザーを札幌大学ユニセフネットワークの学生も参加して行いました。 「公益財団法人 日本骨髄バンク」のブースを設け、支援をよびかけました。
クラブ表彰式
2018.02.20
2018年2月20日に「夢を生きる:女性のための教育・訓練賞」 連盟賞2位の隈崎志保様のクラブ表彰式を例会開催前の時間に行いました。 推薦者の「こども學舎」理事河村泰孝様からもお言葉をいただき、 受賞者と会員の会話を楽しみながら会食いたしました。