HOME >  日本北リジョンのクラブ >  SI石巻サン・ファン
日本北リジョンのクラブ
Club
石巻サン・ファン
SI石巻サン・ファンは1996年7月SI石巻さんのスポンサーで誕生致しました。
丁度その年は伊達正宗公の命により遣欧使節として出帆した「サンファンバウンティスタ号」が復元されたということでSI石巻サン・ファンと名付けられたそうです。
東日本大震災では大きな被害を被りましたが、会員皆無事でいられたことが幸いでした。
国内外のソロプチミストの皆様からの暖かいご支援に改めて真摯なる友情と奉仕の尊さを教えて頂きました。
航海に荒波はつきもの、会員を増強し一丸となってソロプチミストとして女性と女児のための奉仕活動に取り組んでいく所存です。



◇会長 髙橋 悦子 | ◇広報委員長 寳 鈴子 | 


活動報告

2016年2015年2014年2013年2012年
「夢を拓く」茶話会
2016.12.22
石巻サン・ファンでは、高校の終業式に合わせて12月22日に「夢を拓く」茶話会を開催しました。
石巻市の3つの高校から合計21名の高校生が参加し、引率1名、SI石巻サンファン会員8名の計30名で実施しました。 会員の平塚由美子の体験を基にした心のこもった講話の後で、 将来の職業選択に向けて頑張っていることや悩みなどを話し合いました。 「話し合う事のなかった他校の生徒と話し合う事ができ良かった。」 「自分たちを援助してくれる方がいる事が分かった。」 など参加した高校生からは肯定的な意見をいただきました。
笑顔の贈り物 贈呈式
2016.11.24
2016年11月24日、SI石巻サン・ファンメンバー7名で 石巻市立湊小学校に伺いました。
北リジョンよりいただきました30万円を湊小学校に贈呈いたしました。湊小学校では「笑顔の贈り物」で、 児童の学校生活に必要な体育館のじゅうたん巻き取り機やライン引き機、 子ども達の使うデジカメ小銭金銭計算機などを購入してくださいました。 代表で受け取ってくれた4人の6年生はデジカメを手に取って「かるい!」などと喜んでいました。
認証20周年 記念行事
2016.10.10
2016年10月10日、SI石巻サン・ファンの認証20周年記念行事が、 歴代ガバナーはじめ130名のご来賓をお迎えして石巻グランドホテルにおきまして盛大に開かれました。 髙橋悦子会長をはじめとしてチャーターメンバー・歴代会長・会員ひいては国際ソロプチミストの作り上げてきた 「女性と女児の地位向上」に対する足跡の大きさを感じ取る事ができました。10月13日の石巻かほくには、 『社会貢献活動さらに』との記事が取り上げられました。
SI石巻サン・ファンの会員一同今後とも力を合わせて女性と女児のために力を尽くしたいと思いました。
第20回総会開催
2016.08.08
2016年8月8日、SI石巻サン・ファンの総会及び第1回例会が開かれました。
国際ソロプチミストアメリカ第44回隔年大会に石巻サンファンより4名の会員が参加したため、 日程を移動しての開催となりました。 総会ではつつがなく次年度計画が承認され、直前会長 阿部登喜子より、 会長 髙橋悦子にとバトンが渡されました。会員30名が 「女性と女児の生きる力と可能性を育むために」心を合わせてまいります。
石巻サン・ファンは今年度20周年を迎えます。 北リジョンのご指導とご支援をどうぞよろしくお願い申し上げます。
北リジョンルビー賞 第2位授与式
2016.04.18
函館市において行われました北リジョン第30回記念大会でNPO法人ベビースマイル石巻・ 代表荒木裕美様が北リジョンルビー賞の2位を受賞されました。
荒木様が表彰式に出席できないため4月18日、石巻グランドホテルにおいてクラブ例会に 先立ち授与式が行われました。賞状・賞金・花束とクラブ賞も同時に贈りました。
新会員入会式
2016.03.28
第9回通常例会に先立ちまして31人目の新会員入会式が行われました。 クラブメンバーシップ委員会は、「チャレンジ2500プロジェクト」TVW賞、 2メンバークラブ賞、未来をつなぐクラブ賞、スペシャル会員増強賞をリジョン事務局へ 報告させていただきました。
卓話の会
2016.03.28
“キャッチ!SOS”キャンペーン、3月8日「国際女性デー」 (乳がんを早期発見しましょう)の今月、卓話の会を開催・クラブ会員31名の参加。 講師、一般社団法人リプラス主宰 理学療法士 橋本大悟氏の 『自分の健康は自分で守るためのからだづくり』と題して講話と運動指導をしていただきました。 健康寿命を延ばし健康の3要素の一つ適度な運動。普段から継続して運動すること 「運動の維持」ががん予防に効果的である。