31システム法は初心者におすすめ!本当に勝てるのか検証してみた

31システム法は初心者におすすめ オンラインカジノ

勝率が50%のゲームでも勝ち負けが交互に来るのではなく、どちらかに偏って連勝したり連敗したりするものです。

その偏りを活かせないだろうかということで考え出されたカジノ攻略法が、31法になります。

とてもリスクが少ない初心者向けの賭け方で、慣れるまでは手順を覚えるのに手間取りますが、賭け方を覚えれば誰でも安定して勝てるようになります。

ここではそんな31法について賭け方やメリット・デメリット、使うときの注意点などをご紹介していきます。

このページでわかること

  • 31法は9ゲーム中に2連勝することで利益を確保するカジノ攻略法
  • 2倍配当のルーレットやブラックジャック、バカラで利用できる
  • 1ドル単位なら1サイクルで最大31ドルしか負けない

31法は31単位の賭金を9回に分割して賭け、1サイクル中に2連勝することで利益を確保できるカジノ攻略法です。

2連勝できれば2勝7敗でも利益を出すことができ、それほど運が良くないという人でも収益をプラスにできる賭け方です。

利用が適しているのはルーレットやブラックジャック、バカラといったゲームで、その他のゲームに使っている人もいますが、基本的には勝率50%・2倍配当のゲームで使うとトータル収益がプラスになりやすいとされています。

9連敗しても1サイクルでの負けは31ドルしかなく、損切りラインを設定する必要もありません。

100〜200ドルくらいの予算で初心者がカジノを楽しむことができるので、必ず覚えておきたいカジノ攻略法のひとつです。

31法ってどんな賭け方?リスクが少ないと言われる理由とは

31法ってどんな賭け方?ローリスクかつ短期間で利益を出せる 31法とは31単位の賭金を9回に分割して賭けるカジノ攻略法になります。

A A-1 A-2 A-3
1 1 1
B B-1 B-2
2 2
C C-1 C-2
4 4
D D-1 D-2
8 8

31法はこの表に従って賭金を変化させながら、9回のチャンスの中で2連勝を1回発生させることを目指します。

表の使い方は後ほど詳しく説明しますが、2連勝すれば利益が発生し、できなかった場合にも損失が31単位に限られているため、資金管理をしやすい攻略法として人気があります。

勝っても負けても賭金を増やすのが31法の特長で、カジノ初心者でもローリスクかつ短期間で利益を出すことができますよ。

31法が使える!2倍配当のゲームまとめ

31法が使える!2倍配当のゲームルーレット・バカラブラックジャック31法を利用できるのは勝率が2倍配当で50%に近いカジノゲームです。

ハウスエッジがあるので完全に勝率が50%のゲームというのはありませんが、下記のようなゲームで使うことで、利益を出しやすくなります。

  • ルーレット(赤黒・奇数偶数・ハイロー)
  • バカラ
  • ブラックジャック

この他のゲームにも利用できますが、基本的には2倍配当のゲームで使うカジノ攻略法と覚えておきましょう。

31法の賭け方を解説!まずは資金を用意しよう

31法の賭け方を解説!まずは資金を用意しよう31法は上記の表に従って、賭金を変化させながら2連勝を目指します。

賭金は31単位になっていればいくらでも構いません。

1単位1ドルにするなら31ドル用意し、1単位5ドルにするなら155ドル用意しましょう。

ここでは1単位1ドルとして説明します。

  • 「A-1→A-2→A-3→B-1→B-2→C-1→C-2→D-1→D-2」の順で賭金を変化させて賭ける
  • 勝ったときには次のアルファベットに移行
  • 2連勝したら終了
  • D-2まで行ったら終了

少し分かりづらいので実際にどのように賭けるのか、具体的なやり方を見ていきましょう。

ブロック 賭金 結果 収益
1 A-1 $1 -$1
2 A-2 $1 $0
3 B-1 $2 -$2
4 B-2 $2 -$4
5 C-1 $4 -$8
6 C-2 $4 -$4
7 D-1 $8 $4

A-1で負けたので、2ゲーム目の賭金はA-2の1ドルになります。

ここで勝ったので、次の賭金はA-3ではなくB-1になります。

B-1、B-2、C-1で負けて、賭金がC-2になったときに勝ち、そしてD-1でも勝利したので2連勝達成でゲーム終了となります。

7ゲームで戦績は3勝4敗と負け越しているにもかかわらず、2連勝したことで最終収益が4ドルとプラスになっているのがポイントです。

どこで2連勝しても必ずそこまでの損失を回収して、収益がプラスになるのが31法の特長になります。

31法は損切りラインを設定しなくてもいい

どんなカジノ攻略法も完璧ではなく、損失が膨らむこともあるので、その場合には損切りをすることになります。

ただし、31法はD-2まで進んだところが強制損切りラインとなっているので、通常は損切りラインを設定する必要がありません。

損切りは精神的なストレスが強いので、損切りラインを設定していても守れないで損失が膨れ上がってしまうということがよくありますが、31法だと損切りラインを先送りすることがないので初心者でも大損することがなく、安心して遊べます。

31法のシミュレーション|連敗後のほうが儲かる?

31法のシミュレーション|連敗後のほうが儲かる?本当に31法で勝てるのかどうか不安という人もいると思いますので、2つのシミュレーション結果をご紹介していきます。

7敗後の2連勝で利益を出したケース

 

ブロック 賭金 結果 収益
1 A-1 $1 -$1
2 A-2 $1 -$2
3 A-3 $1 -$3
4 B-1 $2 -$5
5 B-2 $2 -$7
6 C-1 $4 -$11
7 C-2 $4 -$15
8 D-1 $8 -$7
9 D-2 $8 $1

7連敗して絶望的な状態でも、最後の2ゲームで勝てば、このように損失をすべて回収しプラスの収益を得ることができます。

2勝7敗と圧倒的に負け越しているのに、2連勝ですべてを取り返せる31法の強さを感じてもらえるかと思います。

勝ち負けが続いて2連勝できなかったケース

ブロック 賭金 結果 収益
1 A-1 $1 -$1
2 A-2 $1 $0
3 A-3 $1 -$1
4 B-1 $2 $1
5 B-2 $2 -$1
6 C-1 $4 $3
7 C-2 $4 -$1
8 D-1 $8 $7
9 D-2 $8 -$1

今回は4勝5敗で収益がマイナスになっています。

2連勝できずに、勝ちと負けが交互に続くと連敗していなくても損失が出てしまいます。

31法で重要なのは2連勝をすることにあります。

2連勝できないと、このように損が出てしまうということを頭に入れておきましょう。

31法のメリットまとめ。手持ちが少なくても賭けられるのが嬉しい

9ゲームで2連勝というのは意外とハードルが高いように思えますが、それでも31法は数あるカジノ攻略法の中でも利用する人が多い賭け方のひとつです。

なぜ多くの人が利用するのか、そのメリットがどこにあるのか、詳しく見ていきましょう。

少ない資金でも勝負できる

31法のメリット、少ない資金でも勝負できる31法を利用するには最低でも31ドル必要なので、1ドルからスタートする他のカジノ攻略法と比べると資金が必要なように思えますが、1サイクルで最大31ドル必要になるだけで、実はトータルの資金はそれほど必要ありません

資金が100ドルもあれば、少なくとも3サイクルで最大27ゲームも遊べます。

その中で1回でも2連勝すれば、さらに1サイクル遊べます。

他の攻略法のように賭金が右肩上がりに増えていくわけではないものの、カジノでちょっと遊びたいけど予算はそれほど多くないというときに31法を使うことで、資金を守りつつ長い時間カジノを楽しめます

2連勝すれば利益を出せる

31法のメリット、2連勝すれば利益を出せる勝率が50%のゲームで2連勝する確率は25%です。

あまり高くないように思えますが、4回に1回の割合で発生すると思うと9ゲームもあるなら、1回くらいは出そうですよね。

シミュレーションで示しましたように、7連敗しても2連勝すれば利益を出せます

カジノは負けよりも勝ちのほうが多くないと稼げないイメージですが、31法の場合には勝率はまったく関係ありません。

とにかく2連勝するだけです。

そして負けても31ドルにしかならないので、リカバリーもしやすいといったメリットもあります。

大きく損をすることがない

31法のメリット、大きく損をすることがないカジノで資産を失う人が時々いますが、それらの人に共通しているのが、損切りができないメンタルの弱さです。

とはいえ損切りというのは精神的にかなり強い人でないと、躊躇してしまいます。

損切りせずに運良く立て直した経験のある人だと、余計にドツボにハマってしまいます。

その点31法なら強制損切りとなるので、資産をすべて失うような賭け方にはなりません

用意した資金をすべて失う確率も低く、負けても1サイクルで流れを断ち切ることが出来ます。

その度に冷静さを取り戻し、負けを受け入れやすいのもあって大損しないのが31法のメリットになります。

31法のデメリット。連勝しないと利益が出ず、モノにするまで時間がかかる

ローリスクで資金を失いにくい31法ですが、残念ながらデメリットもあります。

どのようなデメリットがあるのか、こちらも詳しく見ていきましょう。

連勝できないと利益を出せない

31法のデメリット、連勝できないと利益を出せない2連勝すれば利益を出せますが、反対に連勝しないことにはどうにもならないのが31法のデメリットです。

比較的勝っている感覚があるのに、気がついたら損失になっていて、資金を失ってしまうこともあります。

そうならないために、できるだけ結果が偏っているタイミングで賭けるようにしましょう。

ルーレットなら、赤黒が交互に並んでいるときではなく、どちらかが連続して出ている流れのときに、その流れに乗る形で賭けましょう。

慣れるのに時間がかかる

31法のデメリット、慣れるのに時間がかかるカジノではメモをチェックしながら賭けるというのは、不正していると思われるのでNGです。

このため31法を使う場合には上記の表をしっかりと頭に入れて、淀みなく賭けていく必要があります。

記憶力がいい人なら問題ありませんが、人によっては賭け方に慣れるまでに時間がかかります

最初は賭け方を間違って損をすることもありますし、長時間プレイをしていると集中力が途切れて賭け方をミスすることもあります。

そういうときにはムキにならずに、落ち着くためにブレイクを入れるようにしましょう。

1回で稼げる金額が小さい

31法のデメリット、1回で稼げる金額が小さい31法はローリスクですが、同時にローリターンでもあります。

いきなり2連勝したら2ドルのプラスにしかなりませんし、最大31ドル賭けることになるのに、利益は最大でも16ドルにしかなりません。

16ドル稼げることはほとんどなく、実際には1サイクルで10ドル以下がほとんどです。

このカジノ攻略法で大きく稼ぎたいのであれば、1単位を5ドルや10ドルにしましょう

ただし、それに見合った資金がないと、簡単に資金不足しますし、9連敗したときの損失をリカバリーできなくなるので注意が必要です。

31法を利用するときの注意点:いきなり実践はNG!

ここまでの説明で31法の特長を把握できたかと思いますが、この段階でいきなり実践に入ると大抵の人は失敗して資金を失います。

そうならないために、実際に利用するときの注意点を2つご紹介しますので、しっかりと頭に入れておきましょう。

攻略法を覚えるまでオンラインカジノなどで練習する

31法を利用するときの注意点、攻略法を覚えるまでオンラインカジノなどで練習する31法は手順が複雑な賭け方になりますので、まずはオンラインカジノで試してみましょう

オンラインカジノならメモを片手にしても叱られることはありません。

1回ずつしっかりと表をチェックしながら賭金を変動させていきましょう。

最終的に表をチェックすることなく賭けられるようになってから、ランドカジノに挑戦してください。

そうすれば簡単なミスで損をすることがなくなり、ランドカジノでも安定して勝てるようになります。

負けが増えたら別の攻略法で取り返す

31法を利用するときの注意点、負けが増えたら別の攻略法で取り返す9連敗する確率はとても低いものの、カジノでは決して珍しいことではありません。

ただ9連敗を2回すると資金が大幅に減ってしまいますし、損失を31法でリカバリーするのが難しくなります

マイナスが大きくなったときには、31法に固執せずにリターンの大きなカジノ攻略法に切り替えましょう。

カジノで大事なのは臨機応変な対応ができる柔軟さです。

31法以外にも2倍配当で使えるカジノ攻略法をいくつか覚えておき、他の方法で損失を取り返しましょう。

まとめ:31法はリスクが少なお。初心者にもおすすめの攻略法

31法は9ゲームのうちに2連勝を1回出すことで、利益を確保するカジノ攻略法です。

勝率50%・2倍配当のゲームに適用でき、ルーレットやバカラ、ブラックジャックでリスクを抑えながら利益を積み重ねることができます。

決められた手順で賭けていく必要があるので、最初はオンラインカジノなどでメモを確認しながら進めていく必要がありますが、手順はそれほど複雑ではないので慣れればランドカジノでも利用できる賭け方になります。

2勝7敗でも利益を出すことができる一方で、1サイクルで稼げる金額が少ないというデメリットがあり、9連敗を2回すると31法で損失を取り返すのが難しくなります。

その場合は、リスクの高い他の攻略法に切り替えて損失を回収する必要があります。

それでも大きく損をすることもなく、損切りラインを設定しなくてもOKで、なおかつ資金管理もしやすいので初心者にもおすすめのカジノ攻略法でもあります。

100〜200ドル程度の限られた資金でカジノを楽しみつつ、少しでも稼いでみたいという人におすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました